子供の科学

【縄文?弥生?それとも他の国?】

DNAでたどれ!日本人はどこから来たの?

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

今から4万年前には、大海原を渡って

日本列島にたどり着いた人々がいたことがわかっています。

 

今現在日本にいる人々は、もともとどこから来て

どのように今の日本人になっていったのでしょうか?

 


 

日本人の中に、縄文人のDNAが10〜20%ほど受け継がれていて

残りは弥生時代に大陸から渡ってきた

渡来系の人々の遺伝子だと考えられているそうです。

 

 

上の図はヒトのDNAに含まれる1塩基の違いに関する情報をもとに

主成分分析という統計手法によってアジア周辺諸国の人々を

DNAの類似性から表したもの。

 

これを見ると、ひとくくりに縄文人といっても

DNAにはかなり幅があることがわかります。

いろいろなルートで日本に入ってきていることが原因で

大きな幅ができたそうです。

 

DNAは側頭骨から内耳のDNAを取り出したり

奥歯からDNAを取り出すそうです。

 

『子供の科学』といっても、大人の私も知らなかった事が

たくさん掲載されています!

ぜひお子様と一緒に、読んでみてはいかがでしょうか?

記事の有効期限: 2019年11月17日 Sunday