美的(BITEKI)

アンミカさん直伝!

我慢よりコントロール『イライラマネジメント』

 

モデル、TV、ラジオ、ドラマ、化粧品や洋服プロデュースなど

幅広く活躍しているアン ミカさん。

彼女はプライベートでは、全くイライラしない”お人よしちゃん”だと話します。

「仕事だと完璧主義なところがあって、できていない人にイラッとしたことも。自分の中の『理想』をかなえるために、自分と同じレベルの頑張りを周囲にも求めてしまっていたんですよね」

 

しかし、そこですぐにイライラをぶつけるのは、

相手にとっても自分にとってもマイナスと学んだそう。

 

「印象学に『756の法則』というのがあって、最初の7秒で抱いた印象の5割は、6ヶ月間頭にこびりついて離れないとか。イライラして怒ったりするのは、タイミングを間違えると失敗しやすいんです」

 

アンミカさんは、『怒哀(どあい)表現はひと呼吸』と話します。

 


アン ミカさん流・イライラとの上手な付き合い方


 

アン ミカさんがこれまで実践してきた、イラッとしたときのコントロール法や

なるべくイライラしないためのポジティブ脳の作り方を伝授!

 

(1)原因や対策を思い巡らせる

「誰かの言葉や態度にイラッとしても、即座に怒らず、”なぜそうなったんだろう?”などと思い巡らせてみましょう。そうすると相手を責めるよりもっと前向きな伝え方を導き出せるはずです」

 

(2)胸呼吸で副交感神経をUP

「イライラしたときは交感神経が優位になっているので、腹式呼吸で副交感神経を高めましょう。あお向けに寝て、口から3回息を吐いておなかの空気を抜き、そのまま胸だけで4~5回呼吸を」

 

(3)空間を「好き」で満たす

「部屋にキレイな花を飾ったり、お気に入りの音楽を聴いたり、好きな香りを纏ったり…。自分の好みで五感を満たすと、リラックスしてポジティブな気持ちに。イライラもいつの間にか軽減しますよ」

 

(4)笑いのネタにする

「ムッとすることがあっても、少し色をつけて笑いのネタにしてしまえば、仲間とケラケラ笑っているうちにすっきりしますよ。悪口ではなく、面白おかしく話して、ガス抜きをしてください

 

(5)「7つの光の木」に本音を書き込む

これは、自分の思いを1から7のテーマに沿って記入していくことで

問題解決へのシミュレーションができて前向きになるそうです。

詳しい内容は、本誌にて解説されています!

 


 

アン ミカさんはいつも明るくて周りにいる人たちも明るい雰囲気にしてくれる

素晴らしいパワーがありますよね!

そんなアン ミカさんが普段から行っていることを参考にしてみたら

自身もイライラとうまく付き合って、前向きに生きていけそうです。

詳しい内容はこちらからご覧いただけます!