東京ガス社長「LNG調達をやめたら日本のエネルギー会社はバタバタと倒れる」

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

東京ガスは、ロシア極東の資源開発事業『サハリン2』から
LNG(液化天然ガス)を調達しています。

 

世界を覆うエネルギー不安に直面する一方で、投資家からはCO2排出量削減も求められます。

ガス・電気の安定供給と脱炭素化をどう両立させるのか東京ガス社長・内田高史氏にインタビューしています。

 

LNG調達をやめたら
日本のエネルギー会社はバタバタと倒れる

 

ウクライナ情勢が混迷を極めています。
欧米を中心にロシアへの経済制裁の動きが強まり、日本も同調しました。
東京ガスはロシア極東の資源開発事業『サハリン2』からLNG(液化天然ガス)を調達しています。
危機感は相当強いのでは。

 

「えらいことになってしまった、というのが正直な感想です。まさか本当に、ロシアがウクライナに侵攻するとは想像できませんでした。欧州は4割以上の天然ガスをロシアに依存しており、日本も10%ぐらいを調達しています。

経営者としては、ロシアの制裁目的でサハリン2からLNG調達をやめるなんて簡単には言えません。LNGの長期契約には一般的に『テーク・オア・ペイ 条項』が盛り込まれているからです。長期契約したからにはLNGを一定量引き取る義務があります。

買い手の割合で引き取らない場合は、その分を金額で支払うことが求められます。もしサハリン2からの調達を一方的にやめてしまったら、日本のエネルギー会社はバタバタと倒れるでしょうね

 

英シェルは2月、サハリン2から撤退すると発表しました。

 

「確かに発表しましたが、具体的な期限や方法は示していません。今もシェルの要員はサハリン2に残っています。シェルの持ち株を誰が買うかも問題です。将来は中国が出資するのかもしれませんが、すぐに買い手は見つからないと思います」

 


 

本誌では東京ガス、内田社長のインタビューのつづきをお読みいただけます。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『日経ビジネス電子版【雑誌セット定期購読】』に関心のあるお客様へおすすめの『ビジネス・経済誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!