天然生活

《シンプルに家事を見直し》群ようこ「無理をせず、ほどほどで」

 

忙しい毎日を送り、家事も複雑に手一杯になっていませんか?

作家の群ようこさんによる家事についてのコラムを読むと

少し肩の力を抜いて、シンプルにする方法を見つけようと感じます。

『天然生活』から、エッセイの一部を抜粋して紹介します。

 


ひとり暮らしをはじめて四十年ほどになるが、当然ながら誰も家事をやってくれないので、ぶつぶついいながら自分でやるのを、ずっと続けている。ところが歳を重ねるうちに、自分のできることが少なくなってきた。

重いものを持つのが辛い、一日の時間が経つのが早い、

さっき起きたと思ったら、あっという間に昼になり、すぐ夜になる…

最近はこの繰り返しだと言います。

 

拭き掃除で使っていたタオルを絞る際に親指に異変を感じ、

原稿を書くのに支障をきたすと困るので、ペーパータオルを使うように

 

掃除機もずいぶん前に軽いタイプに買い換えたけれど

それでもずるずると引きずって移動するのが面倒になって、スティックタイプのものに。

しかし充電するのを忘れてしまうので、ほうきとちりとりに切り替えたそうです。

もしかしたら埃は取り切れていないかもしれないが、私の性分として完璧は目指さないし、幸い、文句をいう同居人もいないので、「ま、いいか。この程度で」で済ませている。

歳を重ねるにつれ、それでいいじゃないかと開き直るようになったと言います。

「自分ができる範囲のことをすればいい、

無理をするとどこかが破綻するのは、この年齢になってよくわかった」

「他人とは比べず、できそうなところは取り入れ、毎日の生活のなかで、自分が少しずつ心地よくなっていけばいいと思うのである」

 

この言葉にとても心が軽くなった気がします。

人生の先輩がそういうのだから、私も、自分の心地いいと思う中で

家事を進めていきたいです。

 

群ようこさんのエッセイはこちらから全文お読みいただけます。