かぞくのじかん

《プライベートゾーン》こどもにどう伝える?『性のこと』

 

日本では長らくタブーとされてきた性の話。

しかし今、その考え方が大きく変わってきています。

性の話はぜひ、子どもに伝えて欲しい、今、伝えておきたい大切な話を

宋美玄先生が解説します。

 


もしものときに自分で自分を守れるように


宋先生は日本の性教育についてこう言います。

「日本の性教育は世界的に見ても遅れていると言わざるを得ません。そもそも『生理や妊娠のしくみは教えても性交については教えない』というルールが文科省の学習指導要領にあるんです

 

ポイントしか教えないので、小学生がインターネットで検索するのも自然な流れですが、

ネット上には偏った情報が多く、それが正しいかどうかを判断する知識を持つことが大切とのこと。

 


まず伝えたい、プライベートゾーンについて


 

体の中でもとくに「プライベートゾーン」と呼ばれる、

『口』『胸』『性器』『おしり』は体の内側につながっていて、

命にかかわる大事な部分。

 

たとえ親でも、学校の先生でも、勝手にさわったりさわらせたり、

見ようとしたり、見せたりしてはいけません。

それによって不快なことがあったときに、「これはふつうのことではない」と

幼いながらも感じることができるのです。

 

子どもに伝えたいこと

・あなただけの場所だから、あなたが大切に扱おう

・勝手にさわったり見ようとする人がいたら「いやだ」と言って逃げること

・プライベートゾーンを理解することは、防犯上だけでなくマナーとしても大事

・さわられたりしたらたとえ「秘密だよ」と言われても、必ず信頼できる大人に話すこと

 

小さい子に伝えてもきっとわからないと思って話さないのではなく

わからなくても、何度も伝えていくことで大切なことなんだと気づくことができるはず。

 

こういったことを教えられてこなかった親世代こそ戸惑ってしまう話題かもしれませんが

大切な子どもの未来を守るために、まずは親が考え方を変えていくことが必要そうです。

 

本誌では、子どもへの『性教育』について掲載されています。

こちらからお読みいただけます。