週刊東洋経済

《マンションの罠》価格高騰で変わる「自宅」の役割

 

新築、あるいは中古のマンションを購入する際にチェックする点は7つあるそうです。

その中で、最も注目すべきは「広さ」。

近頃は、用地代や建築費といったマンションの原価が上昇する一方、

購入者の予算は増えていないので、部屋の面積を小さくして

単価を抑えることが新築マンションのトレンドとなっています。

 

マンション調査会社のトータルブレインによると、

リーマンショック以前は首都圏で供給された新築マンションのうち

3割超が80平方メートル以上でしたが

今はそれが1割強にとどまり、代わりに60平方メートル台の住戸が増加しました。

 


 

 

従来なら、間取り図ではLDとKがそれぞれ独立して

面積が記されていましたが、最近は一緒くたに記す広告が増えてるそう。

それはキッチンの面積分だけリビングを広く見せたい、

というデベロッパーの涙ぐましい努力。。

 

業界団体である不動産公正取引協議会連合会は

「LDK」の表示に必要な最低面積を2LDK以上なら10帖と2011年に定めています。

今はその最低面積に近づきつつあるのです。

 

マンションの購入を考えている方は、デベロッパーの考えや売り方を知り、

ご自身の希望する住宅を探すことが大事になりそうです。

本誌で7つのポイントと共に特集されています!