男の隠れ家

《マンションをリノベーション》

自分だけの仕事場・書斎・空間作り

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

「穴倉でいいから自分の空間が欲しい」とマンション購入時にリクエストしたという

ご主人の有賀さん。

リノベーションでリビングと和室をひとつの空間にして、その一角にミニ書斎を造りました。

リビングとの境はルーバーで仕切り、オープンで抜け感のある空間に。

 

白い塗装壁に対して、ルーバーを焦げ茶色にして色の違いを際立たせ、

床はリビングの栗の無垢材フローリングに対して

ミニ書斎は塩ビ製パネルでインナーテラスのようになっていて

ミニ書斎がリビングとは別の空間として見えるような工夫がされています。

 

ミニ書斎には、学生時代から集めている書籍やコーヒーカップ、

雑貨や小物などをディスプレイして自分だけの空間に。

そしてすぐ目の前にはリビングがあるので、ほっと一息休みたいときは

リビングでコーヒーを飲むなど、マンションをしっかりと自分の空間にしています。

 


 

 

他には、自然光を取り込む金網を使った趣味のアトリエ

オンオフをしっかりと分けられる作業効率の良い仕事部屋など

マンションをリノベーションして、自分らしい部屋作りをしている方たちが

本誌で紹介されています。

 

自分がもし、リノベーションで自分らしい空間を造るならどんな感じかな?と想像が膨らみます。

在宅勤務形態も増えつつあるので、こういう部屋作りを目指してもいいかもしれません。

記事の有効期限: 2020年8月4日 Tuesday