Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

《勉強のお供?カンニングのお供?》

答えがすぐにわかる『チェグ・スタディ』を使う大学生たち

 

コロナ禍で大学がオンライン授業に移行するなかで、学生の支持を集めるチェグ。

しかし、教育の現場では、その確信犯的な手法に対する批判も高まっています。

 


 

アリゾナ州立大学2年生のマット(19・仮名)は

「宿題やオンライン・テストで時間がなくなったとき、わからなかったときはチェグればいいんだ」

と話します。

 

『チェグる』とはテック企業『チェグ(Chegg)』が提供する

月14.95ドル(1600円)の『チェグ・スタディ』のサービスを利用すること。

 

4600万冊もの教科書や試験問題集を網羅したデータベースを使うことで

たいていの答えは数秒で見つかります。

そう、ある意味これは【カンニング】なのです。

 


 

チェグの本社はカリフォルニア州サンタクララにあります。

しかし業務そのものはインドで雇われた高等教学、科学、技術、工学の学位をもった専門家が担当し、

7万人以上が24時間年中無休で待機しています。

ユーザーが質問をアップすると丁寧な回答が時には15分以内に戻ってきます。

 

チェグは図書目録の作成、数学の解答作成、文章の推敲など、

学生にとって役立つサービスも提供しています。

しかし収益に最も貢献しているのはチェグ・スタディで、

学生の契約者はこれ目当てで集まっています。

 

チェグスタディを利用している大学生と大学院生、州立大学やコロンビア、

ブラウン、デューク、ニューヨーク大学アブダビ校のような

名門市立大学まで19の大学に在籍する52人にインタビューしたところ

4人以外はカンニングのために使っていることを認めました。

 


 

チェグを勉強のお供として使うのは、アドバイス(というより解答)をもらえるので

最強ツールではありますが、それをカンニングに使ってしまうのは

学生にとって本当にいいこととは違う気がしてしまいます。

 

『チェグ・スタディ』についての記事の続きはこちらからお読みいただけます。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!