未承認国家アブハジア 魂の土地、生きとし生けるものと廃墟

《星野藍氏撮影》未承認国家・アブハジアの廃墟と人々

 

星野藍氏は福島県出身の写真家、グラフィック&UIデザイナー、書道家。

2007年軍艦島に渡り、廃墟を被写体とし撮影を始めました。

 

そして今回、未承認国家のアブハジアを巡る記録の写真集が発売。

今回はその中の一部をご紹介します。

写真家・星野藍による

未承認国家・アブハジアを巡る記録。

奇妙なバス停、豪華な廃駅、

紛争の面影を残す軍事施設、

そしてその土地で力強く生きる人々。

まだ誰も知らない国のリアル。

トンネルの先にはどんな風景が待っているのでしょうか。

 


 

水も消え去った風景。

 


 

解放と閉鎖。

 


 

数枚の写真だけでも引き込まれる世界。

ぜひ他の写真も本誌にてご覧ください。