《水嶋ヒロ、原田泰造、大泉洋》思い込み育児の処方箋・パパとしてやるべきこと!

FQ JAPAN

「温かい家庭」を築くのが夢。

それをおろそかにできないだけ

水嶋ヒロ

 

〜水嶋ヒロ、原田泰造、大泉洋〜

豪華な3名の現役パパ芸能人による

家庭の築き方、パパとしての自分を見つめてもらう

インタビュー記事!

 

理想のパパを目指して思い込み過ぎると

できていないことに目がいきがち。

 

それよりも、今できていることから幸せを感じ

さらによくするイメージで考えていくと

どんどん幸せの輪が広がります!

 

このお三方のインタビューは

目から鱗、かっこいいパパたちです!

 

 

奥さんが幸せならみんな幸せ。

それを忘れなければ大丈夫。

原田泰造

 

普段は芸人として明るく楽しいキャラクターだが、

家庭では「パパ」と呼ばれるのも恥ずかしいくらい

照れ屋だそう。

 

あまり「これをするな、あれをするな」とは言わないけれど

本当に嫌なことはちゃんと伝えるという。

見守ることが中心の子育てだが、

しっかりと愛情のこもった教育と

家庭作りを感じられる。

 

子供を甘やかしちゃいけない?

そんなこと知ったことか!

大泉洋

 

自分自身で「親バカです」と言い張る大泉洋。

親離れをするまえに、求めてくる愛情をしっかりと注ぐのが

彼のスタイル。

 

俳優だから、人前に出る仕事だから、、と

大勢の人がいる遊園地やプールを避けることはなく

子供のために、連れて行くという。

 

家庭の色は、それぞれあり、

愛し方から教育までも”同じ”はない。

 

3名の芸能人の育児もそれぞれで

各々の幸せの形がそこにある。

 

インタビューの詳細はこちらから、

期間限定で、全てお読みいただけます。

記事の有効期限: 2019年3月15日 Friday

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。