MONOQLO(モノクロ)

《購入前にしっかり吟味を》

思っている快適さと違ったガッカリ3大夏グッズ

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

夏の暑さに打ち勝つために涼しくなるアイテムはたくさん販売されています。

毎年新しいタイプの商品が出ると、効果に期待して購入しますが

あんまり効果がなくて「うーん」となってしまう商品も少なからずありますよね。

 

今回はMONOQLOが研究してガッカリポイントのあった商品が掲載されています。

場所とシチュエーションを選べば効果はあるけれど…というものが多いようです。

 


冷風扇


 

 

超ひんやりの小型クーラーと通販で大人気ですが、正直物足りないのが冷風扇。

水や氷を入れ使用する製品で「小型クーラー」ともいわれていますが

氷の準備などの手間の割に涼しさはイマイチで騒音も大きめ。

水が漏れたり、掃除も大変そうです。

 

扇風機ほど手軽でもなく、クーラーほどの涼しさもないのがガッカリポイントでした。

 


冷感インソール・インナーマスク


 

 

真夏の外出でも靴が蒸れない、という冷感インソール

「1時間で普通のインソールと比べ2度温度が低く保たれる」とのことでしたが

通常と同じように温度が上昇。

使用後10分は冷たいですが、長時間使用が前提のインソールとしては物足りないようです。

 

通気性確保でかぶれを防げる、といわれるインナーマスク

メイク汚れを防いだり、呼吸しやすい隙間ができるということですが、

どれもつけ心地に難ありのようです。

 

製品自体に吸水性はないので、汗をかくと肌に張り付きがちで

フィット感も乏しいのが気になるとのこと。

そして喋るとずれてくるそうです。

 


 

場所やシチュエーションによっては、効果を発揮するアイテムですが

これからの進化に期待したいですね。

便利そうなアイテムは購入前にしっかりと下調べと比較が大切そうです。

本誌では詳しい情報が掲載されています。

こちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2021年8月18日 Wednesday