毎日が発見

《1シーズン15着でスッキリ》

洋服を減らす「6・6・3」の新ルール!

 

もう秋・冬服に衣替えの季節ですね。

去年の服を押入れから取り出してみると、

「これ今年も着るかな?」と思う服って結構多くないですか?

パーソナルコーディネーター、整理収納アドバイザーのからかわまりさんによると

15着あれば30通り以上着まわせるので、1シーズン15着がおすすめとのこと。

 

洋服は数ではなく、コーディネートが大事。

着ないのに服だけ持っていても、その日のコーディネートには活かせないし

持っている意味がわからないですね。

 

本誌で紹介されているのは、

トップス、ボトムスを各6着、アウター3着の計15着に絞り込む「6・6・3」ルール!

 

 

【ステップ1】出す

クローゼットやたんすから、今シーズン着たい服を抜き出します。

トップス、ボトムスは各6~12着、アウターは3~8着まで。

ワンピース、カーディガンは各6枚までOK。

 

ここで意識することは、“本当に着たいかどうか”

新しくても、サイズが合っていても、気分が上がらない服は除外しましょう。

 

【ステップ2】分ける

ステップ1を選んだ服をトップス、ボトムス、アウター、その他で分けます。

この時点では種類によって枚数にばらつきがあっても構いません。

 

種類で分けてみると似たような色が多い、アウターが少ないなど

手持ち服の偏りに気づくこともできるそうです。

 


着ない服をたくさん持つよりも、

気分の上がる服数着を大切に着まわしていきたいですね!

 

ステップ3は本誌にて解説しています!

ぜひこちらからご覧ください。