オレンジページ

車のあのトヨタ…!?

「トヨタ式」物の置き方で

家が片づく、家事がはかどる!

 


ミニマリストで過去に失敗から学んだこと


 

ライフオーガナイザーの香村薫さんは

仕事と家事を両立させるために、

夫の圭司さんと一緒に物を捨て、

ミニマリストになったそう。

 

しかし、物を捨てすぎた家の中は

決して居心地が良いとはいえませんでした。

 

そこで「物を適量にしながら心地よい環境にする」ということに

目的を変えていったそうです。

そして前に勤めていた会社、トヨタグループの『アイシンAW』

学んだ仕事術を取り入れました。

 


物を感情でなく、数値で考える


 

トヨタの考え方には、

1秒をバカにしないという言葉があるんです

 

作業中には目線や迷い、動かす手間などの小さなロスタイムが発生。

これが積もり積もると大きな時間となるため

トヨタでは解決する仕組みをつくり、効率化しているのです。

 

香村さんはそこで家中の物の置き方を見直しました。

 

家族全員が、見てすぐに全体の状況が把握できるように徹底。

具体的は方法は本誌をご覧ください!