かぞくのじかん

「暮らしに気持ちがついていかない方へ」

今必要なのは、小さなリセット・仕切り直し《55の知恵》

 

同じような忙しさが続き、毎日のタスクに追われ、あちこちから情報がどんどん入ってきて

気持ちがついていかないということはありませんか?

そんなとき、ちょっとリセットしてみたり、いったん手を止めて仕切り直してみると

改めて気持ちよく日々の暮らしを過ごせるかもしれません。

 

『かぞくのじかん』では背中を押してくれる55の知恵を紹介しています。

 


知恵1「自分と家族と家が、いい状態でいられるポイントを知る」


 

「これおいしいね」「テーブルの上がスッキリしていると気持ちがいいね」

そんな言葉は家族がいい状態のときに出てきます。

うれしい気持ちを分かち合うと、やさしいサイクルが生まれます。

 


知恵2「昨日がんばった自分が今日の朝を助けてくれる」


 

 

朝のスタートはとても重要。夜はここまでするのが理想。

できない日もあるけれど、「こうしておく」という目標があると整えやすいです。

 


知恵3「ものが減ると、家事が減る」


 

シンクの後ろの冷蔵庫置き場のスペースに棚をつくって電子レンジやトースター、ゴミ箱などを。

置き場所がないものは持たないようにすることがおすすめ。

 


知恵4「”好き”なものと、”必要”なものはセットで考える」


 

ブリキの缶にはクリスマスなど季節のもの、ホーローの消毒器の中は薬。

好きな入れ物に必要なものが入っていることが、生活を楽しくします。

 

家族がみんなわかりやすく取り出せるようにしておくと、

自ずと出し入れ、片付けしやすく自らやろうとなるかもしれません。

 


知恵5「決まりは1つ、”わ”にして収める。ルールがあると気持ちが落ち着く


 

 

きれいを持続させるため、できるだけ単純なルールをつくることで

早く、簡単に生活を整えることができます。

 

洋服もぱっぱっぱとたためるルールを決めておくと

時間もはやくおわり、綺麗に収納でき、探しやすく、取り出しやすくなります。

 


 

忙しい、疲れた、何もしたくないと思うと、

日々の家事や仕事も適当になってしまいますが、

そんな時こそいちど手を止めて、知恵を基にリセットしてみることで

負担になっていたことが気にならなくなるかもしれません。

 

暮らしを豊かにする知恵はこちらからお読みいただけます。