PRESIDENT(プレジデント)

「脳とやる気スイッチ」に一瞬で火をつける方法

 

“集中力が高い人は、脳の機能が高度に発達している人”

そのように考えて、脳を鍛える方法を知りたいと願う人は多いかもしれませんが

これはそもそも前提が間違っている、と

脳科学者の中野信子先生が解説しています。

 

脳科学の観点でいうと、集中力の高い状態は脳が活発に動いているどころか、

逆に一部の機能が鈍っている状態だそうです。

 

何かに没入しているのは、人間にとって非常に不自然な状態だそうで、

なぜなら自分の命を脅かすような危険に気付きにくくなるから。

ゲームに夢中になっていて、ボヤが起きて焦げ臭いにおいがしているのに気づかない、など。

 


 

少し睡眠不足だったり、ほろ酔い加減だったりするときのほうが作業がサクサクと

進んだ経験はないでしょうか。

本来ならパフォーマンスを落とすはずの状態で集中力が高まるのは

DLPFC(背外側前頭前野)という部位の機能が鈍っているからだそうです。

 

生命の維持を最優先に考える生命体にとっては

DLPFCの機能が落ちている時の方が特異でミステリーな状態。

人間は、脳が正常に働いているからこそ、仕事中や勉強中に他のことが気になってしまう、

ということでした。

 


 

それでも、「集中力が必要なんだ!」という時の解決策は、

脳がマルチタスク処理をしようとしてもできない環境、

ディストラクター(気を散らせるもの)がない環境をつくることだそうです。

 

・机の上は片付けてすっきりとさせておく

・本や漫画、家族の写真も置かない

 

仕事に取り掛かる前にやると、そのときに脳に情報が入って集中できないので

できれば仕事に取り掛かるよりもずっと前に片付けるか

最初から置かず、すっきりした状態を継続させることがよさそうですね。

 

本誌ではさらに詳しい解説が紹介されています。

集中力を上げたい方、やる気スイッチをオンにしたい方はこちらからお読みください。