Discover Japan(ディスカバージャパン)

『元号ってなに?』

もう一度改めて【令和】について知る

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

日本にしかない、独自の概念である元号についてどんなことを知っていますか?

令和は最初の元号「大化」以来何番目かご存知ですか?

 

日本に住んでいるからこそ、知っておくべき日本の知識を

今ここでおさらいしてみましょう!

 


 

 

令和は西暦645年に始まった元号「大化」から248番目の元号です。

日本の古典に由来する、初の元号といわれ、

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味です。

 

日本では古くから漢籍が教養であり、元号は漢籍からの引用が当然とされていたそうです。

しかし教養の在り方も移り変わり、戦後はそれほど漢文が重要視されなくなり

今回の改元では国書からの引用がはじめて検討されることとなりました。

 

国書の代表作として『万葉集』、『古事記』、『日本書紀』などが挙げられますが

万葉集に収録されている和歌には「万葉仮名」と呼ばれる音に対応する

独自の文字が使用されているそうです。

万葉集には天皇や貴族だけでなく、農民の歌が修められていることもあり

選定のポイントとなったそうです。

 

過去には「神亀(じんき)」や「天平宝字(てのようほうじ)」という元号もありました。

 

本誌では「令和」やそもそも元号ってなに?という部分の解説や、

過去の元号たちのウソのようでホントな裏話が掲載されています。

記事の有効期限: 2020年5月15日 Friday