ナショナル ジオグラフィック日本版

『幸せな色を探して』

写真家・三井昌志が撮影したアジアの人々の暮らし

 

ナショナル ジオグラフィック写真賞でグランプリに輝いた三井昌志さん。

彼がアジアの国々で出会った人々の暮らしは、決して楽ではありません。

しかし、つつましくもたくましく生き、

見知らぬ写真家にとびきりの笑顔を見せてくれる彼らの日常は

幸せな色にあふれていました。

 


 

バングラディシュ南西部の港町クルナの造船所。

イスラム教徒が大半のこの国で女性が外で働くことは珍しいそう。

 

インド南部アーンドラ・ブラデーシュ州のトウガラシ市場。

絡み成分カプサイシンが飛び交う刺激的な現場です。

 

インド西武グジャラート州で色鮮やかなサリーを

手作業でプリントしているのは武骨な職人たちでした。

 

れんが工場で働くときも美しく着飾る、

インド北部ラージャスターン州に住むガラシア族の女性たち。

 


 

インド北部ウッタル・プラデーシュ州の小麦畑で雑草を抜き取る女性。

根気の要る仕事ですがその笑顔は緑色の穂を揺らす風のように爽やか。

 

色鮮やかな中で働くアジアの人たち。

本誌には色から、人からパワーをもらえる写真がたっぷり掲載されています。