『暮らしのモノサシ、みつけませんか?』自分”サイズ”で生きる

婦人之友

いま、私たちは毎日をたくさんの情報に囲まれて暮らしています。

そして情報があると、どうしても自分と他人とを比べてしまいがち。

 

この年齢だと年収はこれくらいで、結婚していて、子どもは……

あぁ、もしかして私って普通じゃないのかな。

 

でも本当は一人一人、それぞれの暮らしがあっていいのです。

自分が心地よい生活で、大正解なのだと、私は思います。

 

あなたらしく暮らすためのモノサシ探し、はじめてみませんか?

 


片づけのモノサシ


「いつも頭の中に、

霧の晴れないもやもやがあって……」

そう話すのは畑桂子さん。

3LDKのマンションで、小1長男と夫との3人暮らしをしています。

 

畑さんの悩みは、片づけても片づけても、なぜがスッキリしないこと。

整理収納アドバイザーの井田典子さんが、片づけのモノサシの見つけ方を教えてくれます。

 

夫も私も捨てられない性格で。

たくさんあるものをどうしまうか、いつも試行錯誤してきました。

(畑さん)

 

物をしまい込み、一見スッキリとして見える畑さんのお宅。

ご本人曰く、いざというときには、どこになにがあるのか分からなかったり、取り出しにくかったりするというのです。

 

井田さんはその原因をズバリと指摘します。

それは、片付け=収納と思い込んでいるから

しまい込むのではなく、なにをどれくらい持つかを決める必要があります。

 

そこで重要なのが2つの<持ち方のモノサシ>をしっかりと持つことです。

 

2つの<持ち方のモノサシ>とは


1.「今、家族が使うものか」

「昔は使っていた」

「これから使うかも」

過去と未来の視点は一回外し、今を考えましょう。

生活を<今>に最適化すると、本当に必要な物が見えてきます。

 

私も、「いつか」使うだろうと持っている物、たくさんあります。

「過去に」集めていた物も……。

「今」使うものは意外と少ないのかもしれませんね。

 

2.「枠に収まるか」

ここでいう<枠>は<空間>のことです。

お家のサイズに収まる量を考えること。

スペースは無限ではありません。

枠から外れた物を持っていると、片づく物も片づかなくなってしまうんですね。

 

 

自分のモノサシに合わせて生活を整えると、心のもやもやがスッと楽になる。

スッキリとした心と暮らしをつくっていきましょう◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。