【アドラー式】一生、片づけが楽になる6ステップ【イライラしなくなる】

CHANTO(チャント)

【アルフレッド・アドラー】

オーストラリア出身の精神科医、心理学者です。

日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で一躍有名になりましたね。

 

そんなアドラーの心理学は、実はお片付けにも使えるんですよ。

 


アドラー式 収納術


「決断する主体は自分」

アドラー心理学の基本はこのシンプルな考え方です。

自分が人生の主人公であることを自覚し、目的を達成するために行動していくということですね。

これを片付けに応用すると、理想の部屋をイメージし、その目標に向けて収納していくということ!

 

キーワードは【目的論】【課題の分離】【共同体感覚】です。

 

【目的論】は目指すカタチをしっかりとイメージすること。

「どうして片付けられないのか」ではなく「どうすれば理想の部屋になるか」で考えていきましょう。

未来を想像することで、おのずと手段が明確になります。

 

【課題の分離】をすることで気持ちが楽になります。

自分のやり方を他人に押し付けるのは、どんな場面でも不幸の元です。

子どもがおもちゃを片付けないのは、子どもの課題。

どう収納するかはお子さんの意見を尊重しましょう。

 

【共同体感覚】は家族や友人を信頼し、仲間意識を持つこと。

これを片付けに応用するのはちょっとしたコツが必要です。

それは物も大切な家をつくる仲間だと思うこと!

ひとつひとつの役目を考えることで、設置場所のヒントが見えてきますよ。

 

以上のポイントをまとめると、収納の目的が明らかになってきます。

それは「家族にとって<快適>な空間をつくること」ではありませんか?

モデルルームをつくる必要はないんです。

目標は、私と家族が住みやすい家にしていくこと。

 

目標が定まったら、さっそく実際にアドラー式勇気のお片付けを始めていきましょう♪

 


片づけが楽になる6ステップ


【ステップ1】 その部屋で何がしたいのかを考えてみる

【ステップ2】 必要な物を仕分ける

【ステップ3】 家の快適さを基準に収納する

【ステップ4】 リセットタイムを設ける

【ステップ5】 ササっとお掃除

【ステップ6】 見直ししてフィードバック

 

詳しいやり方は丸ごと読みで!

役立つ情報をゲットしよう◎

記事の有効期限: 2019年04月11日

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。