non・no(ノンノ)

【ゲッターズ飯田・2021~2022年下半期占い】

2022年は古いものが終わり新しいものが芽を出す

 

今月のノンノでは、大人気の占い師・ゲッターズ飯田さん

2021年の下半期から2022年を占って解説しています!

 

ゲッターズ飯田さんは20年以上の実績を基に編み出した『五星三心占い』で人気に。

毎年、1年間の運勢解説の書籍が発売され、そちらも大人気ですよね。

 

今回は、心に刻みつけておきたい、2021年下半期お見通し名言

2022年の特徴を紹介します。

 


心に刻みつけておきたい、2021年下半期お見通し名言


 

ゲッターズ飯田さんは普段からSNSなどでも発信しています。

モチベーションを上げてくれたり、前向きになる言葉もたくさん。

2021年の今につながる名言とはなんでしょうか。

 

《生き方について》

つねに機嫌のいい人は、運気もいい

 

“先が分からないから悪いことがあると思う人よりも「その先にはきっとよいことがある」

そう思って進む人に運は味方する”

 

《恋愛について》

“出会いがない、恋のチャンスがないのは、モテないのではなく「笑顔が少ない」だけ”

 

「顔が好き」と言えば世の中の男性の8割は落とせるもの”

 

《お金について》

“「自分だけ得しよう」とすると運を逃し、「全員が損しないように」と動ける人は運をつかむ

 

などなど言われてハッとする言葉が多いですね。

本誌では他にも勉強・仕事・メンタルヘルス・人間関係についても名言が掲載されています。

 


2022年は古いものが終わり、新しいものが芽を出す年


 

本誌では、ゲッターズさんが2022年についても少しだけ占いを公開しています!

・若いリーダーが誕生する!

「さまざまな分野で、次世代を引っ張ることになる若いリーダーが、世の中に居場所を作る年になるでしょう。とはいえ、2022年は何かが劇的に変わる年ではないので、爆発的な影響力を持つのはまだ少し先になりそうです」

・新しいアプリ、サービスが生まれる

第2のLINEやTikTokのようなサービスが、登場する年になりそうです。ただしこれも2022年中に利用を開始するぐらいでメジャーになるのはまだ先。ブレイク前夜のアプリを探し注目しておくと楽しいかもしれません」

 


 

未来のことを考えて、ワクワクしているでしょうか、それとも気が重くなっていますでしょうか。

ゲッターズさんの名言や占いを読むと、なんだか勇気をもらえます!

本誌では下半期運勢ランキングも掲載されています。

こちらからお読みいただけます。