【ヤマンバ】【読モ】【BL】平成女子文化!!【盛り】【アムラー】

週刊女性

バブルがはじけてアムラーが出現。

それから現れたのがコギャル、ヤマンバ、アゲ嬢、森ガール

平成の時代を駆け抜けた女子文化……あなたの世代はどれですか?

私は森ガール世代かな~!

 


平成時代の女子文化にまつわるキーワードは<盛り>


盛りという言葉自体が世に出てきたのは2002年ごと。

実際より自分をよく見せる、という意味で使われています。

 

そう語るのは<盛り>を科学的に研究している久保友香さん。

久保さんが語るには、<盛り>という言葉が使われる以前から、実物以上に見た目をつくろうと工夫する女子文化はあったといいます。

 

その例が1995年のプリクラ機。

当時の女の子はみんなプリ帳を持っていました。

持ってた持ってた!

意味もなくプリ交換とかしてました。

携帯のバッテリー部分に貼ったり(今思うとナゼ……)。

 

そんなプリクラに革命が起こったのは、2003年のこと。

登場したのが『花鳥風月』(現・バンダイナムコアミューズメント)です。あったな~

デカ目や美肌に加工できる<盛り>加工できるようになりました。

 


そして、時代はアムラー世代へ!


細眉に茶髪、厚底ブーツ、ミニスカといった安室奈美恵さんのスタイルに習った装いが、女子高生を中心にすごいブームになりましたね。

さらに『egg』『Cawaii!』といったギャル雑誌もたくさん創刊され、渋谷の女子高生たちのスナップ写真が掲載されたり、読者モデルとして活躍したりするように!

なんだか歴史を感じてしまいますね。

 

平成元年~5年 バブルの名残から始まり現代(平成28年~)のオルチャンメイク

およそ30年の平成時代ですが、なんとなく2つのメイクが似ているのが面白いですね。

一周してる?

 

   

 

あなたは一体なに女子でしたか?

肌も白くなったり黒くなったり。

流行りに合わせたメイクとファッションでおもいっきり盛ってきた平成女子。

 

これだけ多様なブームを超えてきた私たちだから、次に何が来ても柔軟に対応していけるような気がしてきませんか(笑)。

 

<盛り>を楽しんできた平成女子のみなさん。

新時代も大いに盛り上がっていきましょう♪

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。