【変わる価値観】結婚のタイミング【変わるスタイル】

GINGER(ジンジャー)

「もうそろそろ結婚したいな」

「いつかできればいいけど……」

 

人それぞれ持っているであろう『結婚観』。

近年、結婚の価値観はどんどん変わってきています。

だからこそ「したい」派の人は待っているだけじゃダメなんです!

ここでもう一度、結婚のタイミングのつかみ方を一緒に考えていきましょう。

 


結婚のタイミング


結婚適齢期についてよく聞かれるのですが、今の時代、適齢期はないとお答えしています

と語るのはゼクシィ縁結び事業でグループマネージャーを務める桜井まり恵さんです。

適齢期って本当に誰が決めたのでしょうね。

もちろん子供を持てる年齢というのは大体決まっていますが、結婚と出産は別物です。

(ちなみに結婚平均年齢は1975年の24.7歳、2015年には29.4歳と急上昇しています)

 

『いくつになっても結婚していい』

『何度してもいい』

『自分のタイミングで決めていい』

と考えると、ちょっと気持ちが楽になります。

結婚ってどうしても急かされるってイメージがありましたもんね……。

 

結婚ってしたほうがいいの?


答えのヒントは将来を想像してみることにあると桜井さんは語ります。

今はひとりでいいかもしれないけど”50歳にはふたりでいたいな、子供がいた方がいいよね”という考えになる人が多いのではないでしょうか。

 

結婚がゴールという訳ではありませんが、ずっと一緒に生きるパートナーとの出会いはやっぱり夢見ちゃいますよね。

しかしいくら結婚がしたくても、相手がいなければできません(泣)

 

誰もが結婚する訳ではないからこそ、自分で出会いを掴みにいかなければならない時代です。

待っているだけじゃ結婚は成就しない。

だからこそ本誌では新時代の結婚スタイルの変化を徹底的に分析しています!

 

私たちは誰かと一緒に生活していく幸せを、応援していきたいと考えています

(桜井さん)

 

 

婚活サービスによって結婚した人が増加中!

新しい時代の合理的な出会いの形とは?

続きはチラ見で◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。