島へ。

『体験民泊』で長崎・小値賀町をジックリ、ユックリ体感!

 

近頃、島へ移住する人の特集や、

島での生活をピックアップする記事も多くみかけられますが

本当に移住をして、生活することをすぐに決断できる人は

わずかだと思います。

 

島が大好きで、住みたいと思う島を長年追い、

旅を重ねてやっと住む準備にとりかかれるものです。

そんな熱意のある人を『民泊』という形で移住前の情報や

生活の疑似体験をさせてくれるのが長崎県小値賀町。

 

 

民泊というサービスで島の観光業を支えつつ、

移住希望者へ島の生活の疑似体験をしてもらい

島に住みたい人を増やしていく。

 

かつては40もの民泊受け入れ先があったそうですが、

高齢化や様々な理由で20に減ってしまっているそう。

そんな中でも、受け入れをしているご夫婦や家族たちの

おもてなしや人柄にリピーターも多いとか。

 

小値賀観光の窓口、NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会によると

民泊以外にも島での生活を疑似体験できるサービスが盛りだくさん!

郷土料理づくりを楽しめる「島ごはん作り体験」や

ほぼ無人島の野崎島でのトラッキングやキャンプ体験など

自然と触れ合える機会をたくさん作っています。

 

島へ住んでみたい、という方は一度こういったサービスを利用してみると

いろいろと見えてくるものがあるかもしれませんね。

移住だけでなく、一夏の体験や島を感じるという目的でも十分満喫できそうです!

 

小値賀の島での民泊・サービス等、詳細はこちらからどうぞ。