男の隠れ家

【男の趣味部屋・ギア&コレクション】

こだわりが詰まった空間実例23

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

“総じて男は凝り性”。

その気質は趣味の世界でも遺憾なく発揮されています。

今回、男の隠れ家に特集されている、こだわりがたくさん詰まった趣味部屋を紹介します!

 


屋根裏部屋の青春秘密基地には心に響く懐かし昭和グッズ


 

 

長野県にあるアオバ隊長のお宅で

『青春秘密基地』と命名されたその空間は、

アオバ隊長の全身全霊を込めたコレクションルーム。

 

昭和レトロ雑貨をメインにありとあらゆるものが圧倒的ともいえる存在感を放って並んでいます。

懐かしの昭和玩具、王冠の瓶ジュース、駄菓子のおまけ、ホウロウ看板、ミニクーパー、

ポピーの超合金、ジャンボマシンダー、ヴィンテージ・ジーンズなどなど

感涙もののラインナップ!

 

「どのアイテムもきれいなデッドストックものじゃなく、使い込まれたペイントロスや、ダメージがある方が好きですね。時代の中で人の手に渡ってきたものに惹かれます」

 

YouTubeチャンネルも解説し、そこでコレクションを紹介しているそうです。

 


仕事の疲れも忘れてしまうプラモデル作りの大事な空間


 

 

神奈川県にある諸星さんのお宅はプラモデルのコレクションがたくさん。

諸星さんは実は仕事でジオラマ制作をしていますが、

プラモデル作りについては全くの趣味なのだそう。

 

「もの心ついた時にはもうミニカーで遊んでいて、そのままプラモデルや鉄道模型に進んでいった感じです」

 

仕事の休憩時間でも、疲れているはずなのについついプラモデルを作ってしまうそう。

 

「自分にとって模型制作はそれくらい楽しいもの!作る、動かす、観賞するという三拍子が揃っているのが魅力ですね」

 

部屋のなかは、作業机を取り囲むように、諸星さんのお宝がずらり。

以前は模型やオモチャは箱に入れて大切にしまっていましたが、

今はできるだけ見える場所に飾って楽しんでいるそうです。

 

「でも実際には使い勝手はあまり良くない。いろいろな模型を眺めるとすぐ気が散ってしまい作業に集中できないんです(笑)」

 

模型作りを、完成したお気に入りの模型たちに邪魔される…

おもしろい光景が浮かびます。

好きだからこそ起こる現象ですね。

 


 

本誌ではさらに他にも、釣り、カメラ、ビークル、ギター、フィギュアなどなど

“男の趣味”が満載な部屋が紹介されています!

ぜひこちらからご覧ください。

記事の有効期限: 2021年3月7日 Sunday