anan(アンアン)

【自己理解メソッド】

3つの視点で自分を知れば、本当にやりたいことが見つかる!

 

自己理解メソッドは、自分のことを知り、本当にやりたいことを見つけるというもの。

そのためには、「なんとなく」や直感に頼るのではなく、

自身の「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」は何かという視点から

自己と徹底的に向き合い、論理立てて探すことがポイントとなります。

 

さらに、自分にとって『大事なこと』を掛け合わせると、『本当にやりたいこと』にたどりつきます。

すべての答えは自分の内側にあるということを意識しながら、3つの視点から自分が求めるものを見つけてみましょう。

 

「ジコリカイ」代表の八木仁平さんは、自分のやりたいことを見つける方法を発信しています。

やりたいことが絞り込めてない人や、見つけられずに悩んでいる方は

ぜひ次の公式にご自身を当てはめてみてください。

 


自己理解に必要な3つの視点と公式


 

『好き(情熱)×得意(才能)×大事(価値観)=本当にやりたいこと』

 

本当にやりたいこととは、『天職に出合う』とか『一生を添い遂げれるもの』とは違うので注意が必要。

八木さんはこう言います。

「直感に任せてうまくいく人はほんの一握り。大事なのは理論立てて、やりたいことを探すことです。また、やりたいことは変わるものです。あくまでも今、何がしたいかを探しましょう」

 

ルール1:好きなことは手段。大事なことをまず見つける

ルール2:好きなことの前に得意なことを見つける

ルール3:細かい実現手段は後から考える

 

本当にやりたいことが見つかった後に、手段を探しましょう。

 


 

 

本誌では、実際に自分の考えを当てはめて理解できる自己理解メソッドが掲載されています。

あなたが「本当にやりたいこと」を見つけてみましょう。

こちらからご覧いただけます。