【頭がよくなる睡眠、バカになる睡眠】眠りの疑問を徹底解明!

表紙

PRESIDENT(プレジデント)

最新の「大人の脳科学」を使えば、能力を最大限に発揮できる!?

本誌では、睡眠のすべてを理論的に解明していきます!

充実した内容を丸ごとタダ読みできちゃいますよ◎

 

「スッキリとした目覚めを体験したい」

「バリバリ仕事をこなしたい」

「人生をもっと輝かせたい」

という方はぜひご注目くださいね。

 

この雑誌のCHECK POINT

☑仕事で差がつく朝晩のルーティン

☑スタンフォード流睡眠法

☑職業別どこでも寝て起きる技術

 

仕事で差がつく朝晩のルーティン


同じ時間働いても、役員と平社員ではどうして成果に差がでるのでしょう?

実はその秘密は睡眠にあるかもしれません。

本誌では、会社役員107人平社員108人にアンケートを取り、

役職別「睡眠のリアル」を徹底分析しています。

 

かなり詳細に分析されていますよ!

結構、みなさん睡眠不足を感じていますね……

ご自身の状況と比べて、他人の睡眠生活はどのようになっているでしょうか?

ぜひ紙面でチェックしてみてください♪

 

スタンフォード流睡眠法


十分な睡眠をとらなければ、次の日の作業に影響を与えるのは当たり前。

昨年ベストセラーになった『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)の著者・西野精治氏。

ここでは同氏の能力を最大限に発揮する睡眠メソッドを分かりやすく解説しています。

 

ちなみに、ミシガン大学が2016年に行った調査によると、

日本は世界一睡眠偏差値が低い国という結果に。

日本人の4割が6時間未満の睡眠時間で生活しているといいます。

え、みなさんそんなに寝てないんですか……えぇ……

 

職業別どこでも寝て起きる技術


「眠いのに寝れない」

「途中で目が覚めてしまう」

なんて睡眠にまつわるお悩みを抱える方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな方々に、超ハードな環境で快眠する達人のコツをお教えします!

例えば、弾丸飛び交う戦場・気圧の変化の大きい上空・凶悪犯を追う事件現場などなど──

過酷な職業につく人々が、ベストパフォーマンスを維持する秘密を紹介しています。

 

他にも、「認知症になる人の睡眠パターン」「ショートスリーパー仮眠術」など

生活にすぐに取り入れられる知恵が盛りだくさんです!

今日から良質な睡眠をとり、健康的にもっとイキイキと日々を過ごしていきましょう◎

Let’s 快眠!!!

丸ごとタダ読み

記事の有効期限: 2018年11月26日

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。