【2019年10月以降】消費税10%で国民は年間150万損する!?

週刊朝日

“保守派の論客”として知られる、

藤井聡・京都大大学教授が

「10%への消費税は日本経済に破壊的なダメージを与える」

と警告している。

 

消費が著しく低迷し、国民の貧弱化が進んで

格差社会が拡大する

 

とのこと。

 

2014年に8%へアップしたあと、

1世帯あたり年34万円も実質消費が減った。

所得自体も減っている現代で、

10%に引き上げされたらさらに減るだろうという見解。

 


決定的な理由は【10%】というキリがいい数字


 

8%の頃は、まだ税金がいくらになるのか計算がややこしかったが

10%だと計算がしやすく、人々の消費にブレーキをかけるという。

 

たしかに、10万円の商品を買おうとして

10万8000円と、11万円だったら

実質2000円の差しかないけれど

なんだか払う時の気持ちが全然違う。

それが積み重なると…と考えると、

消費が減っていくのは目に見えている。

 

デフレ脱却の王道は税制改革、という藤井教授。

脱却のために、日本はどうすべきなのか。。

 

増税による影響が大きく出そうな2019年10月以降、

冬の商戦時期なのにどうなるのかが気になります。

 

藤井教授の日本の今後についての見解はこちら

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。