ESSE(エッセ)

お財布の使い方を工夫するだけでお金が貯まる!?

ムダづかいが減り、家計管理が楽になる驚きのワザの数々をご紹介します。

 

◆この記事が掲載されている雑誌は期間限定で1冊丸ごと読むことができます◆

 


お金が貯まる財布術


財布3つ持ちで月10万円貯蓄


夫、長男、長女の4人家族の主婦、安田美恵さんのお財布ルールはまさかの財布3つ持ち!

生活費を『日用品・外食費』と『食費』に分けて専用の財布に予算ごと振り分けています。

さらに自分のおこづかいを別財布で区別することで出費を管理しているそう。

 

家計簿が苦手で、編み出したのが財布の使い分けです

と安田さん。

 

それぞれの財布の残額が一目で分かるから、ムダづかいを減らせますね。

 

マネーの達人のお財布拝見


生活経済ジャーナリストのいちのせかつみさん。

様々なメディアで3000人を超える家計を診断しているお金のプロです。

そんな彼に、貯まるお金のコツをお聞きしました。

 

■プロのテクニック1 仕事用と個人用でお金の収納場所を変える

お札をキレイな状態で次の人に回したいから、いちのせさんは長財布派。

収納場所が複数ある長財布は、お金の使い分けにも便利です。

 

仕事でお金を使ったら、仕事用の方から出してレシートもそこにいれます。

個人用と紛れず、清算も簡単。

(いちのせさん)

 

自宅では、仕事用は金庫に、個人用はファイルで用途別に分けて管理。

急な飲み会の誘いも「今日は手持ちがないから」と切り抜けることができますね。

 

■プロのテクニック2 予定に合わせて財布の中身を入れ替える

その日の予定に合わせて、持ち運ぶ金額を変えるのがいちのせさん流。

入れたお金は使い切ってよしとしているので、使いすぎてしまったなんて後悔する必要はなし!

ちなみに個人用では1日2000円ほど入れているとのこと。

 

■プロのテクニック3 カードは厳選する

仕事用の札入れに、クレジットカード、交通系カードを、

個人用にはキャッシュカード、身分証を入れてカードも区別しています。

ポイントカードを貯めるためにムダづかいをするのは本末転倒。

つくらないようにしているそうです。

 

続きのワザは丸ごと読みで!

驚きの秘訣が満載ですよ◎

記事の有効期限: 2019年04月23日