デジモノステーション

こどもたちの”New Wave”な習い事ガイド!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

親として子どもに何かを習わせたいという気持ちはありますが、

その習い事は本当に子どもたちが「習いたい!」と

思ってやっているでしょうか?

 

「習いたい!」と思って習うのと、

「親が言うから」「なんとなく」で習うのとでは

学習効率が全然違いますよね。

 

デジモノステーションでは子どもたちが

最先端に楽しくのびのびとできる習い事が

続々と登場していることを紹介しています。

どんな習い事があるのでしょうか?


そろタッチ


 

そろばんから生まれた新しい学習法!

習っているのは幼稚園年長さんからのお子さんたち。

机の上のiPadを使って、自分の名前でログインします。

 

昔は先生の数字読みをそろばんを使って計算していましたが、

そろタッチではiPadに入っている専門アプリを使って計算するそう。

 

また、そろタッチは週1で学びにくるというよりも

自宅で学習してきたことを

そろタッチで発表していくといった流れがある。

出来によって花丸やバッチをもらって、

子どもたちのモチベーションはどんどん上がる。

 

すでに数年通っている小学生の女の子は、

iPad上にそろばんは表示されておらず計算式のみ。

それを暗算でパパパッと計算してしまうほど学習が進んでいました。

 

計算に強いということはかなりの強みになりますよね。

わたしもそろばんを小学生の頃に習っていましたが、

「習っていてよかった」と今思います。

 

子どもたちがのびのびと「学びたい」という

気持ちで楽しく勉強したり技術を得られたら最高です。

 

本誌ではYouTuberやドローン、

お金の使い方やお笑いまで様々な習い事が特集されています!

記事の有効期限: 2019年7月30日Tuesday