ESSE(エッセ)

ゲッターズ飯田の2021年下半期占い・開運キーワード

 

人気占い師のゲッターズ飯田さんによると、

昨年に引き続き世の中が大きく変化している今ですが、

『家族や友人との関係を大切にしていれば、不安になる必要はありません』と言います。

 

「とくに夏以降は、人とのつながりがより重視されるように。お金のことならこの人、教育ならこの人…と分野ごとに情報源をもっておくと、困ったときの助けになります」

 

年内を幸せに過ごすために心がけておきたいのは、

『なにごともほどほどで満足する』ということ。

 

「上を目指しすぎると周囲とぶつかってしまうので欲張りは禁物。復職や就職を目指している人は今のうちに語学や簿記、動画編集などを学んでおくのもおすすめですが、すぐに結果を求めないこと。今は”種まき”のときと心得て、焦らず、一歩ずつ前に進みましょう」

 


2021年をV字回復させる『開運キーワード』


 

【家庭菜園などの”グリーン”に囲まれて】

下半期のラッキーカラーはグリーン。

「植物で緑を取り入れるのがおすすめ。観葉植物を飾ったり、庭やベランダで野菜を育てると、家族のつながりが深まります。畑を借りてレジャーを兼ねてお世話をするのもいいですよ」

 

【節約などの庶民行動が吉】

上半期に続き庶民的な行動が開運につながるとき。

「節約料理をつくったり、昔の服をリメイクしたりと、いかにお金をかけずに家族で楽しめるか工夫してみましょう。自宅でタコ焼きや焼肉パーティをするのも開運に」

 

【古いものを買い換える絶好のタイミング】

家電や家具の買い替えを検討していた人は今が最適なタイミング。

「中途半端に古いものや、惰性で使い続けていたものはこの機会に買い替えましょう。新しいものを部屋に取り入れることで、いい流れを呼び込めます

 


 

まだまだ激動の時代が続く2021年の下半期を幸せに乗り切りましょう!

本誌ではゲッターズ飯田さんによる解説で、タイプごとの運気をチェックできます!