ケトル

デビュー41年、漫画家・いくえみ綾が大好き

《ファン41人分の質問に答えてもらいました》

 

 

いくえみ綾先生は1979年、『別冊マーガレット』にて「マギー」でデビュー

『バラ色の明日』で第46回小学館漫画賞を受賞、

『潔く柔く』で第33回講談社漫画賞少女部門を受賞しその後実写映画化されました。

2017年には『あなたのことはそれほど』がテレビドラマ化。

漫画だけでなく、映画やドラマでもいくえみ先生の作品は愛されています。

 

今年で漫画家デビューから41年が経ったいくえみ綾先生に、

ファンである作家、デザイナー、女優、漫画家からの質問に答えてもらいました!

 


 

 

出身地、北海道で好きな場所はどこですか?

モデル・田中美保さん

 

「近所のハード系パン屋さんが美味しいんですが、私の一番好きなパンがなくなりました。5種類しかないのに……。最近は『嵜本』の黒糖食パンにハマってます。あと、無意味に大丸や札幌ステラプレイス周辺を歩くのが好きです」

 


 

漫画家になって良かったなと思う瞬間はどんな時ですか?

音楽家・橋本絵莉子さん

 

「おうちで一人でできるステキなお仕事♡」

 


 

スマホ、SNSなどの登場で表現は何か変わりましたか?

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行さん

 

「SNSはやってませんが、スマホで資料を簡単に出せるのがすごいなと。昔はどうやっていたのかと我ながら不思議です」

 


 

やる気が途切れない方法をおしえてください。

漫画家・今日マチ子さん

 

「短期集中です。30分とか40分タイマーかけて仕事して、20分休む、とかやってます。時間に余裕のあるときだけですが」

 


 

『あなたのことはそれほど』というタイトルは、「あなた」が誰なのか、

「それほど」どうなのかを考えさせられました。

このタイトルはどのように生まれたのでしょうか?

作家・青山美智子さん

 

「おっしゃるとおり、”それほど”どうなのか、いろいろと取れるなと思ってつけました。どこに転んでも意味がなんとなく通れば逃げ場があるな、と……ずるい気持ちで。えへへ」

 


 

回答を読んでいると、いくえみ先生の人柄の柔らかさが伝わってきます。

質問は全部で41問、こちらからお読みいただけます。

また、大人気漫画家の浦沢直樹先生とも対談しています!