ゆうゆう

エッセイ「九十歳。何がめでたい」の著作で知られる佐藤愛子さん。

鮮やかな切り口と長年の作家生活で積み上げられた力強い言葉が魅力的な作家さんです。

 

そんな素晴らしい作品を多く世に出している佐藤さんですが、その人物像もまた魅力的。

本特集では、「今日を生き、明日を生きる」作家たちに人生を豊かにしてくれるヒントをお聞きしました。

 


ベストセラー作家・佐藤愛子の素顔


「あるときはあるように、ないときはないように」

柔軟性を持って生きればいいんです。

 

貧乏で自由もない時代だった


佐藤さんは大正十二年に生まれて、御年95歳です。

戦中戦後の一番過酷な時代を生き抜いてきたからこそ、他者とは違う視点で世の中を見ています。

 

今の人たちが、急に経済状態が悪くなって苦しい思いをしているといっても、

私たちの経験した貧乏とは比べものにならないんですよ。

 

お金がないだけじゃなく、物もない、自由もない。

言いたいことも言えないし、したいこともできない──

そんな時代を生で見てきたからこそ、佐藤さんの言葉には重みがあります。

 

佐藤愛子さんの時代を超えたメッセージは本誌で!

クリックでチラ見へ