PRESIDENT(プレジデント)

メルカリ売買で幸せになる人と不幸になる人の違い

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

家の不用品などを処分するのはもったいないとメルカリを始めたものの、

「なかなか売れない」と嘆く人は多いようです。

そんな方のために、プレジデントではメルカリで上手に売るコツが紹介されています!

 


メルカリの儲けで夫婦でハワイ旅行


 

ライター、編集者の力武亜矢さんは、

家の片付けを兼ねて、いろんなものを販売したところ、

初年度は4ヶ月もしないうちに売り上げが20万円を超え、

夫婦でハワイ旅行へ行ける額を達成。

 

出品を続けるうちにより高く売るための写真の撮り方や、

文章の書き方、早く売るタイミングなどが掴めてきたそうです。

 

「まず、1円でも高く売りたいなら、1円でも良い物に見える写真を撮ること。これが大切。品物の形状、色、使用感がわかるように写すことは前提ですが、明るい背景、しわや埃のない状態、奥行きがわかるように撮ることで、より良い物に見せることができます」

 

撮影後、面倒でも明るさや彩度を調整してから出品したほうがいいそうです。

しかし、良く見せようとするあまり、汚れや傷を隠したり、

現物と違う色に加工したりすると、トラブルのもとになるので注意。

使用感や汚れなど気になる点は、積極的に告知しておくことがおすすめ。

 


早く売るためのポイント4点


 

(1)売る時間帯

出品する品物にもよりますが、

平日の夜9時半から10時半の間に出品すると、閲覧数が多く、早く売れる傾向。

 

(2)出品するものと同じ、もしくは類似品を検索

「絞り込み」機能を使って「販売状況 売り切れ」のみの一覧を表示すると

いくらで売れているのかがわかります。

売れている商品の価格を参考にしましょう。

 

(3)サイズをセンチメートル単位まで計測して明記

身幅や着丈、カッターシャツの場合は、袖や襟のサイズを細かく記載しておくと

買い手は購入しやすくなります。

 

(4)売る時期

一般的なアパレルブランドは季節を先取りして販売し始めますが

メルカリでは「今欲しい」と思われ始めるタイミング、

かつバーゲン前に出品するほうが売れます。

 


出品前のチェックリスト


 

  • 形や色がはっきりわかる写真になっているか
  • 汚れ、破れ、傷などがあれば、写真と文章に明記しているか
  • 価格は相場に合っているか
  • 送料を踏まえた価格設定にしているか
  • 買う立場になって出品ページを見て、欲しいと思うか

 

売る前に、このチェックリストを確認しつつ、

早く売れるポイントもチェックして販売してみてください。

 


 

本誌では上記の内容がさらに詳しく記載されています!

また、メルカリで不幸になった女性の話も紹介されています。

こちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2021年6月24日 Thursday