GINGER(ジンジャー)

人生の教訓にしたい!

“最高の上司”から学ぶ、J.Y.Parkの指導力

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

老若男女問わず、夢中になる人が続出したオーディション番組『Nizi Project』

そのなかでも「最高にカッコいい上司!」と大きな話題になっていた

プロデューサーであるJ.Y.Parkさん

 

もともとはシンガーソングライターで、音楽プロデューサー。

1997年に株式会社JYP Entertainmentを設立しました。

2PM、TWICEなど、多くのアーティストを排出している大きな事務所となりました。

 

彼の人柄は韓国だけでなく、日本でもたくさんの方に愛されています。

オーディション番組内で多くの名言が紹介されていました。

 


 

『真実”隠すものがない人になれ”、

誠実”自分との戦い”、

謙虚”言葉や行動の謙虚ではなく、心の謙虚”』

 

練習生たちに、人柄に関して講義を行った際に語った言葉。

特に

「自分自身が常に足りないと思って、隣にいるみんなの長所だけを見て心から感謝すること」

と話した”謙虚”に対する解釈は心にとめておきたいものです。

 


 

『才能と学習能力は違います

 

歌やダンスの実力以外でスターになるために大事なポイントとして挙げたのが

自分が何を言われたのかを素早く理解し、それに集中して練習し、成し遂げていく”学習能力”。

常に努力を怠らないことの大切さが伝わる言葉です。

 


 

『ひとりひとり特別でなかったら生まれてこなかったはずです。(中略)

自分自身の姿を見て、大丈夫、あなたは十分特別だよ、

そう言ってあげられる日がくるべきだと思います』

 

「オーディションはあくまで特定の目的に合う人を探すだけで、

脱落しても自分が特別ではないということではない」として練習生に語った言葉。

自信をなくしてしまったときでも、もう一度立ち上がる強さをもらえますね。

 


 

韓国のアイドルの育成や、オーディションなどは

本当に厳しく、アイドルたちも本当に切磋琢磨しながらも

自信をなくしたり、心を塞いでしまう子もいますが、

こういった言葉をかけてくれる人がいるかいないかで

その後の人生も変わってくるように思います。

 

アイドルに限らず、働く人、何かを目指す人、何かを志す人に響く言葉が

本誌で紹介されています。

こちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2021年3月1日 Monday