AERA(アエラ)

世相を映し出す新語、略語

これで世界のSNSが読める!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

海外の情勢や、世相を知るには英語が一番有利。

しかし、最新の言葉を知らないと理解するのは難しいでしょう。

今回は、SNSでよく使われている新語や略語を紹介!

 

★育児編

『AIBU』= Am I being unreasonable?

【私はおかしいのでしょうか?】

育児の掲示板mumsnetで自分の育児法や

義父母との関係などに悩む親がスレッドタイトルに使っています。

 

『IKWYM』= I know what you mean.

【わかるわかる】

相槌のようなコメントとして使う。

 

 

 

★メディアをにぎわす言葉

『internet warriors』

【ネット戦士】

SNSやネット掲示板などで意見する人たちを皮肉った語。

online social justice activistも同義語。

 

『plogging』

【ごみを拾いながらジョギング】

ジョギング中にごみを拾う新世代フィットネスのこと。

発祥はスウェーデン語の「plocka(拾う)」から。

 

いかがでしたか?

一部を抜粋してみましたが、新語・略語はとっても多く

それぞれが深い意味を持っています。

 

英語でSNSや掲示板を読むには、知っていたほうが確実に得な情報です。

ぜひ本誌で続きをご覧ください。

記事の有効期限: 2019年5月19日 Sunday