ゆうゆう

相談者・みつ子さん/72歳/兵庫県/ひとり暮らし歴2年。

「ひとりの生活が味気なくて寂しくて食事を作ることさえ億劫です」

 

2年前に夫が他界したことを切っ掛けに、ひとり暮らし生活がスタートしたみつ子さん。

とにかく娘夫婦に迷惑をかけないように、認知症にならないようにと気をつけているそうです。

このさきどのように暮らしていけばいいのか、というのが相談の内容。

 

回答者は社会学者・上野千鶴子さんです。

 

72歳からでも遅くありません。

新しい「私のご近所」づくりを

 

上野さんのアドバイスの続きはチラ見で読めますよ◎

これからの時代、みつ子さんのようにひとり暮らしの高齢者が増えていくことでしょう。

いまからできる備え。

孤独の苦しみに陥らないためのヒントとは?