DIME(ダイム)

映画『鬼滅の刃』興行収入300億円超え!

「数字でみる、鬼滅の刃の凄さ」

 

10月6日に公開され、現在も公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」

興行収入が12月13日までに302億8930万円、観客動員が2253万人に達しました。

2020年のエンタメ業界は『鬼滅の刃』フィーバーですね。

 

2016年から連載されている本作はその3年後にTVアニメ化して人気が加速。

映画でその人気を爆発化させました。

その凄さは数字からも伝わってきます。

 


数字でみる『鬼滅の刃』の凄さ


 

本誌で特集されている、鬼滅の刃の凄さがわかる数字を紹介します!

 

公開初日から3日間の興行収入…46億円

全国403館にて公開された劇場版の興行収入は、

公開初日からたった3日で46億円という異例の数字。

公開された映画の平日、土曜、日曜、それぞれにおける歴代1位を記録更新しています。

 

JR九州×『鬼滅』コラボSL列車チケット完売までの時間…1秒

JR九州では『鬼滅』とのコラボキャンペーンとして

大正時代に活躍した蒸気機関車のナンバープレートを変更し「無限列車」仕様に。

運行予定の乗車券を発売したところ、1秒で即完売!

 

ダイドーブレンド×『鬼滅』コラボ発売3週間の売り上げ本数…5000万本

CMでもおなじみのダイドー缶コーヒー×『鬼滅』コラボ商品、通称”鬼滅缶”。

発売されて3週間足らずで販売数量が5000万本(約167万ケース)を突破しました。

ダイドーが2019年に販売したコーヒー飲料は約2750万ケース。

鬼滅コラボ缶だけでダイドーの年間販売量の6%をたったの3週間で売り上げたことに。

 


 

コラボでかなりの収益を得られるので企業たちもザワついていたのではないでしょうか。

本当に大人気の鬼滅の刃ですが、これからまだ映画続編やアニメが続くのでしょうか?

漫画は完結しましたがアニメ版の続きを一刻も早く見たいですね…!

 

『鬼滅の刃』の数字の凄さの続きはこちらからご覧いただけます。