春の花は黄色からはじまる『イースターの寄せ植え』

園芸ガイド

フクジュソウ、リュウキンカ、クロッカス

渇いた土から顔をのぞかせる小さな花をみつけたとき、新しい季節が到来したことを実感します。

黄色の花は春のはじまり。

そんなスプリングイエローをもっと楽しめる寄せ植えをご紹介します。

 


イースターの寄せ植え


2019年のイースター(復活祭)は4月21日に行われます。

海外では「春のお祭り」として盛大にお祝いされているんですよ。

シンボルはご存知タマゴとウサギ。

これは生命と豊穣、繁栄を意味しています。

 

長い冬を超えて咲き誇る春の花はイースターにもピッタリ◎

バスケット型の木箱に黄色のパンジーをメインに、白のデージーとスイートアリッサを添えるように植えます。

さらに鳥の巣にウズラの卵を置けば、素敵なイースター花壇に♪

お好みでウサギのフィギュアを配置してもかわいいです。

 

私の家のパンジーもいまが花盛り。

これから寄せ植えが楽しい時期になってきますね。

季節感を取り入れて、華やかなガーデニングを楽しみましょう◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。