Mac Fan(マックファン)

本当にあった!

最新ネット詐欺事件簿『給付金の支給』にご用心!

 

インターネットが普及してからさまざまな新しい詐欺が出てきましたが、

最近もさらに新たな詐欺が起きています。

「私は大丈夫!」と思っている方も、

ぜひ知っておいてほしい詐欺事件の詳細を紹介してみます。

 


「給付金の支給」や「マスク無料送付」にご用心!

『新型コロナウイルスに便乗したフィッシング詐欺』


 

政府の給付金支給を受けて、「給付金10万円支給につき、お客様の所在確認」

「第二回特別定額給付金のご案内」などといったフィッシングメールやメッセージを送り

受信者を偽サイトへ誘導する詐欺が横行しています。

 

入金に必要だと称して、銀行口座などの個人情報を詐取しようとします。

給付金の案内が政府から個人へ直接メールで届くわけはないのですが、

2020年10月時点でトレンドマイクロが発表した内容によると

調査当時の7日間で1900人以上も誘導されていたそうです。

 


利用中のサービスからの連絡でも一歩立ち止まって!

『Amazonや楽天、宅配業社からの連絡を騙る偽装SMS』


 

電話番号を利用してメッセージを送受信できるSMSや、キャリアメールであるMMSも、

フィッシングサイトへの入り口として利用されるケースが多々あります。

中でも大手ECサイトのAmazonや楽天などを騙るネット詐欺はあとを絶たず、

「Amazon Primeの支払いに問題があります」

「楽天市場で購入した商品の発送状況はこちらで確認ください」などと

それらのサービスを利用していれば現実にありそうな内容が記載された偽装SMSが確認されています。

 

また、「お荷物のお届けにあがりましたが、不在のため持ち帰りました。ご確認ください」などと

宅配業社の不在通知を装う偽のメッセージとURLリンクを送りつける事例もあります。

偽サイトへ誘導されると、個人情報を盗まれたり、金銭被害に遭ったり、

端末に不正アプリをインストールされたりする被害につながります。

 

最悪の場合、複数の権限が付与された不正アプリによって、

今度は自身の端末がサイバー犯罪者の指示を受けた偽装SMSを勝手に送信してしまうという

恐ろしい事態すら起こり得るそうです。

 


 

自分に関わるメッセージや文言は当たり前に受け入れるのではなく

一度疑ってみて、それが事実なのかを確かめることが重要そうです。

すぐにページを開いたり、連絡をしてはいけません。

 

本誌ではネットショップを偽装した通販詐欺や、

テレワーク増加を狙ったフィッシングサイトなども紹介されています。

こちらからお読みいただけます。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!