【別冊家庭画報】李家幽竹の開運風水

李家幽竹の2020年開運風水!

2020は満ち足りた気持ちから開運となる年!

 

李家幽竹(りのいえ ゆうちく)先生は3歳から修行を積み重ね、

風水を研究し、広めることに人生を捧げてきました。

現在までに出版した書籍の累計は700万部以上。

そんな李家先生が解説する、2020年の開運風水とは?

 

 

2020年は「金」の年。

「金の気」とはお金ではなく、

充実感や満ち足りた気持ちから生じる気。

 

2020年は欠けているものを作らず、

常に満ち足りている状態でいることで開運となるそうです。

 

ご自身が感じる「豊かさ」や「幸せ」のベースとは何かを考えてみましょう。

ベースとは、自分が生きていくうえで、一番大切にしていること。

人生の支柱のようなものだそうです。

 

「家族と一緒に過ごすこと」「おいしいものを食べること」など

自分にとって幸せと思えるベースができていれば、

それが「金」の気の中心となってきます。

 


 

充実していると感じれば、運が開いていくそうです。

ちょっぴり難しい気もしますが、前向きに過ごしていきたいですね。

 

本誌では、恋愛や出会い、家庭、旅行など

さまざまな視点での開運、風水を解説しています!

2020年、明るく楽しく過ごせますように…!