Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス)

電動アシスト自転車とe-bikeの違いってなに?

 

ペダルを漕ぐチカラを電力で補助するという自転車。

「電動アシスト自転車」「e-bike」と呼び方がいろいろある自転車がありますが

違いはメーカーにより呼称が異なるそうです。

 

大きな違いは開発における観点の違いにあるそうです。

「電動アシスト自転車」はその名の通り、発進や坂道での走行を電力で補助するもので

約30年前に日本のヤマハが開発しました。

 

「e-bike」は欧米のメーカーを中心に、主にロードバイクやMTBで

悪路を難なく走ることが目的とされています。

なので、バッテリーやモーターがより小型なものが多く

モデルによっては一見して通常の自転車と見紛うほどスマートに収納されています。

 


30kmの通勤にも対応するオランダ生まれのe-bike


 

自転車先進国として名高いオランダ生まれのバンムーフから

新作のe-bikeが登場しています。

車体にライトを内臓した独自のデザインはそのままに

新型モーターやオートマチックギアシフト、キーレスのキックロック、

内蔵型盗難防止技術などの先進技術を搭載。

フル充電で約150kmというスタミナで長距離移動も安心とのこと!

 

ライトが内臓されているデザインはスマートすぎて

かっこいいですね!!!

全体的に見てもこれが本当にe-bike?と思えるほどスマート!

 

お値段は227,273円と少々お高いですがその分実力を発揮してくれそうですね!

 

ほかにも最新の自転車が本誌で紹介されています!

通勤や買い物に自転車を検討中の方にはぜひご覧ください。