日経トレンディ (TRENDY)

電動キックボードシェアが実用化へ大きく前進!

特例制度でヘルメットが任意に

 

立ったまま乗ることができ、近距離移動に適した電動キックボード。

海外の主要都市では日常の足として定着していますが、

日本でもシェアリングサービスのインフラがようやく整いそうです。

 

警視庁の有識者委員会が2021年4月、電動キックボードを

「小型特殊自動車」と位置づけ、時速15km以下なら運転免許不要で

ヘルメットなしでも乗車できるといった新たな交通ルールの指針を公表しました。

 

道路交通法の改正を伴う規制緩和に向けて、大きく前進したからです。

 

これまで、電動キックボードは道路交通法上は原動機付自転車に分類されていました。

車体にもナンバープレートやサイドミラーを取り付けておくことが求められていました。

規制緩和が実現すれば、こうした縛りもなくなります。

 


 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LUUP(@luup.official)がシェアした投稿

 

キックボードのシェアリングサービスの国内普及に早くから取り組んできた『Luup』は、

経済産業省の新事業特例制度を利用し

都内6区の一部エリアでシェアリングサービスの実証実験をスタートさせました。

海外と同じようなシェアリングサービスが提供されるのは国内初です。

 

実証実験では、認められた道路であれば自転車レーンや自転車道などを走ることができます。

料金は10分間100円(10分以降は1分あたり15円を加算)。

 


 

車や自転車のシェアリングサービスはよく街中で見かけるので

キックボードの需要も今後どんどん高まるのではないかと思います。

記事全文はこちらからお読みいただけます!

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!