週刊東洋経済

4月から小学校で必須化するプログラミング!

子どもたちは何を学ぶのか

 

2020年4月から小学校で必須化となるプログラミング。

私は中学生の頃に授業でhtmlの勉強はしましたが、

本当に基礎的なことしか習わず、実用性は正直なかったのを覚えています。

(THE ゆとり世代なので全然授業に組み込まれていなかったのかも…)

 

これからの時代はやはりプログラミングの知識も大切、ということで

大人たちが子どもたちの知識に驚かされる時代がもうすぐ来るかも。。

 

小学校の必須化のポイントとして以下の4点があります。

・プログラミング言語の習得が狙いではない

・体験して論理的思考力を育むことが重要

・5年算数や6年理科などで学ぶのが一般的

・試験に出ないため、成績に直接影響しない

 

成績に直接影響しないということで

プログラミングが苦手な子どもたちは大喜びしそうですね…。

どうせ勉強するなら、しっかり勉強してほしいと感じますが、

子どもの頃の自分がその立場ならプログラミングを理解できるか…!

 

そもそも、指導できる教員がまだ少ないそうで

学校側でも十分な予算や準備が必要となりそうです。

教員だけでは教えられないので、専門知識を持つ企業に依頼する学校もありそうです。

 

2021年度以降は中学・高校でも本格化し大学入試などにも影響があるかもしれません。

これからの教育の変化に注目ですね。

 

授業のポイントについてさらに詳しい解説は本文をご覧ください。