知的障がい者の方達が作る「しょうぶ学園」の世界に2つとない縫い物

  • 更新日

nice things./ナイスシングス.

知的障がい者の方達が作る

「しょうぶ学園」の世界に2つとない縫い物

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   大胆なステッチ、カラフルな糸たち。 “ヌイ・プロジェクト”は鹿児島県にある、 知的障がい者支援センター「しょうぶ学園」で生まれました。   「真っ直ぐに縫いましょうっていうのをやめて、 縫いたいように縫ってごらんっていうようにしたら 次々とすごいものが生まれるようになったんです」 (副施設長・福森順子[のりこ]さん)     利用者の方たちは、作ったものにそこまで関心がない人が多いそう。 でも施設で働く方達は、これだけ魅力的なものや作っている人たちのことを 世の中に知ってもらいたいと思い、展示会・販売会をしています。   「ハンドワークでものを作るという行為そのものに意味を見出している人たちに なぜ僕らは自分たちの正しさや価値観だけを押し付けていたのかと反省したわけです。 そこに気付くまでは時間がかかりましたね」(福森伸さん)   「作りたい」という気持ちで作り、 その素晴らしさに気づくことはシンプルなことですが、なかなか難しいこと。 世界に2つはない作品たちが次々と作られています。   記事の有効期限: 2020年1月1日 Wednesday]]>