MEN’S NON-NO(メンズノンノ)

【日差しから肌を守って美肌へ】

男子のための、正しいUVケア入門!

 

化粧水や乳液など、与えるスキンケアにばかり注力して、

肌のことを「守る」ケアを忘れていませんか?

紫外線の肌ダメージは忘れた頃にやってきます。

10年後に後悔しないためにも、今日の肌をしっかり守りましょう!

 

UVケアについて、松倉クリニック代官山院長の貴子先生が解説!

 


 

Q.去年の日焼け止めは使わないほうがいい?

A.開封から半年以内に使い切りましょう!

 

日焼け止めは開封するとフレッシュな状態が損なわれるので、

半年前後で使い切ることが安全とのこと。

夏だけ塗る人はひとつを使い切る気持ちで塗ったほうが結果適量を塗れて日焼けしません。

 


 

Q.日焼け止めは何を基準に選べばいいの?

A.日常生活であれば、SPF30程度で対応できる

 

日中街で活動しているアウトドアなどでは紫外線を長時間浴びてしまうため

SPF、PAの数値が高いに越したことはない。

高い防御効果の日焼け止めは、その分肌への負担もあるため、

通勤や通学、買い物程度であれば、SPF値が30程度のもので十分対応可能だそうです。

 


 

Q.女性と違い、男性だからこそ気をつけることってある?

A.日焼け止めを塗る前後に水分をたっぷり与えよう

 

男性の肌は女性に比べて水分が少なく脂分が多い。

さらに、日焼け後は肌が乾燥しているため、肌への潤い補給をしっかりとしましょう。

ジェルタイプのみずみずしい日焼け止めを選ぶのも有効です。

 


 

男性ならではのUVケアもあるんですね。

本誌ではさらに他にもQ&Aが掲載しています。

肌荒れや日焼けが気になる方は参考にして今年の夏は日焼け知らずの綺麗な肌になりましょう!