サンキュ!

【老けて見える人vs若く見える人】違いは意外なアレだった!

 

自分では10年前の顔の記憶のままなのに、、、

ふと鏡や窓に写り込んだ姿を見て、現実にがく然とすることありませんか?

どんどん見た目年齢に差がつく30代、40代、一体その差はなんなのか、

「サンキュ!」の読者アンケートをもとに

年齢より老けて見える人、若く見える人の特徴を比較してみました!

 


 

《若く見える人》

・口角が上がってる、いつも目と口がニコニコ

・しゃっきりまっすぐぴーんとした姿勢

・トップスはふんわり、毛先のそろった髪

・服はウエストの位置が高めで清潔感のある色と素材

・悪口やグチはなし

 

アンケートによると、エステや高級化粧品にお金をかけているわけではなく

ほかの人よりも体と心のケアに気をつかい、自分を大切にしている人が若く見られています。

 

確かに、美容も大切ですが、明るく笑顔でポジティブな感じは元気さがあって

若く見えるのかもしれません。

 


 

《老けて見える人》

・幸薄毛なヘの字口、目もわらっていない

・髪の毛はペタンコ&ボサボサ、伸ばしっぱなし

・猫背、目線はいつも下向き

・体型をカバーしつつ、汚れが目立たない色の服

・悪口ばかり

 

アンケートによると、表情、姿勢、服装、髪型でだいぶ印象が変わるとのこと。

少しずつ意識をすれば変えていけそうですね。

 


 

個人的には見た目が若くても老けていても、

「発言」がその人となりを表しているのでポジティブが一番!

それに加えて、自分が好きなファッションを楽しんでいたり

清潔感を大事にしている人は良い印象ですよね。

 

本誌では大老け見えを解消する最強メソッドや

若く見える人の暮らしのヒミツが掲載されています!