からだにいいこと

【自宅でセルフケア】シミ・ほうれい線が消える

『老けない美肌習慣』

 

自宅で高いお金をかけずにできるセルフケア。

どうせやるなら、科学的根拠がある方法で結果を出したいですよね。

今回のからだにいいことでは、マッサージや保湿法、食べ物まで現代科学も認める簡単テクで

シミもほうれい線も撃退するといいます。

まずはどういった根拠があるのか、どんなことをするのか見てみましょう。

 


細胞活性でたるみを上げる『ちょい圧マッサージ』


 

 

日本医科大学大学院教授の小川令先生によると、

肌・髪細胞に適度な圧をかけると鈍っていた新陳代謝が加速するとのこと。

「医療分野で注目を集め、すでに手術痕の治療や再生医療、さらには美容分野にまで応用され始めています」

 

細胞は、何もしないとどんどん老化するのですが、

一定の刺激を与えると細胞分裂が進み、血管が増え、新陳代謝が早まるという研究結果が出ているそうです。

皮膚の場合は、適度な圧力を加えることでコラーゲンも生成され、ハリのある肌に。

「表面をゴシゴシこするような刺激は皮膚の炎症につながり逆効果ですが、少しの圧をかけて押す刺激は美肌に有効といえます」

 


『ちょい圧マッサージ』のやり方


 

 

上記のように、肌に適度な刺激を与えることで生成されるということを参考に

表参道の美容矯正サロン『SalonC』代表の境貴子先生がマッサージを考案しました。

これがほうれい線に効くとのこと!

 

やり方を簡単に紹介します。

(1)ほうれい線付近の肉を指でつまんでもむ

(2)頬骨の肉を指ではさんでもみもみ

(3)続けてこめかみまでもみもみ

(4)小鼻の横のくぼみに親指を入れて押し上げる

(5)頬骨の下のくぼみに沿って耳の下まで押す

 

境先生のアドバイスとして、息を深く吸って吐くとたるみ上げ効果がアップするそうです。

 


 

本誌ではしっかりとした解説と、やり方もより細かく紹介されています。

写真と説明文の組み合わせでかなり実践しやすい内容となっています。

こちらからご覧いただけます!

記事の有効期限: 2021年8月21日 Saturday