ダメージ大で実は難しい日焼け止め!肌美人が実践している”塗らない”紫外線対策!

からだにいいこと

SPFは25もあれば十分だった!?

一年で最も紫外線量の多い初夏(まさに今)!

テレビや街角では「絶対に焼かない」モデルさんたちが

焼かない割にはかなりの露出の水着姿で毎日せっせとコマーシャルをしていますが

日焼けしたくないならその上から服着ればいいのに

というフジ子の積年の突っ込みはまたにして、

みなさま一体どんな対策をされていますか?

こういう企業マーケティングの影響もあってか、

日焼け・紫外線対策=まずは日焼け止めを、という刷り込みが

一般的に浸透している感がありますが、

本当に日焼け対策をするには

日焼け止めを塗らなくてはできないのか!?

そんな今さら気にならないレベルのギモンに対し

雑誌からだにいいことがかなり攻めてる特集を組みました!!!

 

そもそもなんで紫外線が体に悪影響かご存知でしょうか?

シミの原因になるし美容が損なわれる!より実はもっと深刻で、

紫外線を大量に浴びることによってリスクが高くなるのは『皮膚ガン』!

それだけなく白内障、感染症(免疫力の低下)になりやすいことも分かっています。

とりわけ若いうちにあびれば浴びるほど発症率が上がるというデータもあり、

意外とマジで危ない影響があるんですね、紫外線って。

「それならSPF最高値のぬっとけばいいでしょう?」

と思いたくなるのですが、最強を歌うような日焼け止めって

肌への負担がだいぶ大きいですよね。

 

幼少からなにかと肌根性がなく日焼けしやすいフジ子も、

焼けやすいから最強日焼け止めを塗る→刺激が強くてだんだん肌が荒れてくる

→肌荒れするから塗る量を控える→やっぱり日焼けする

→結果・ふつうに肌が荒れる

…という負のサイクルを長年繰り返してきました。

(もうね…日焼け止め神話やめにしたい.)

 

そんな企業のサブリミナルに流されてはいけない!

たまに街で見かける黒のサンバイザーとサングラスに手袋した

まるでロボコップみたいなマダムスタイルは遠慮したいけど、

今年はそれぞれに合った紫外線対策をみつけましょう!!

 

効果をしっかり得るには

実は2-3時間おきに塗らなきゃダメなの!?

肌がきれいな人始めてる!塗らないUVケア術!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。