MEN’S NON-NO(メンズノンノ)

メンズも夏のスキンケア!

日焼けによる肌への刺激を回避しよう!

 

スキンケアをするのはもう女性だけの時代ではありませんが、

まだまだ気にしないでいる方も多いのでは?

 

夏に出現する肌トラブルのNo.1は、『日焼け』です。

日焼けによって、赤くなったり、ヒリヒリしたりしますが

その後落ち着いたと思っている皮膚は実はまだダメージを受けています。

 

肌の老化やダメージに一番強い刺激となる紫外線。

まずは紫外線について知っていきましょう。

 


紫外線とは?


 

紫外線は太陽光の一部で、その波長の差でUVA・UVB・UVCの3種類があります。

地表温度を上げたり、生命維持に欠かせない光ではありますが、

浴びすぎると肌へ悪影響があります。

 

紫外線のうちUVAが約90%を占め、波長が長いため肌の奥まで届きます。

波長の短いUVBは、肌表面に影響を与えやすいものとなります。

 

よく日焼け止めを塗る方は、日々紫外線の刺激をシャットアウトしているので

肌にかかる刺激を抑えることができています。

薬局にいくと豊富な種類の日焼け止めがありますが、選ぶ基準はどう判断すればいいのでしょうか?

 


日焼け止めのSPF、PAって?


 

日焼け止めのパッケージを見ると、『SPF30、PA+++』などの記載を見たことはありませんか?

 

SPFはUVBをカットする基準値。

なので、肌表面に与えやすい影響をカットできます。

 

PAはUVAをカットする基準値。

肌の奥まで与えやすい影響をカットできます。

 

それぞれ値が大きいほうが紫外線カット効果が高いです。

また、成分として「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があり、

散乱剤はデリケート肌用アイテムに採用されています。

 


 

日焼けはしわやたるみの原因になり、シミやそばかすも作り出します。

外出する際には、晴れでもくもりでも、しわ、たるみ、シミ、そばかすを作りたくない部分には

日焼け止めを塗ることがおすすめです。

 

また部屋の中でも、地味に日焼けはしています。

そんなときはSPFやPAの低めのものを選ぶこともおすすめです。

 

本誌では日焼けや、スキンケアについて細かく書かれています。

こちらからお読みいただけます。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!