VOCE(ヴォーチェ)

美容のプロ・友利新先生が答える『エイジングケアの正しい始め方』

 

内科・皮膚科医の友利新先生は都内の美容クリニックに勤務する傍ら、

雑誌やYouTubeなどを通して正しい美容情報を発信しています。

先生自らかなりのコスメ通でYouTubeでは美肌の情報を中心にかなりの人気があります。

 

オイリー肌だという先生のたどり着いた美肌の結論は、『抗炎症』だと言います。

 


炎症の鎮静化こそ、エイジングケアの要


 

先生が皮膚科を目指したきっかけは、ひどいニキビに悩んでいたからだといいます。

もともとオイリー肌でゴワつきやすく、テカリや毛穴詰まりにも悩み、

ニキビをつぶしたり、硬いスクラブでゴシゴシこすったり、

脂分を完全に抜くケアをするなどたくさん失敗したそう。

 

「クリニックに通い、みずからも皮膚科学を学ぶ中で辿り着いたのが抗炎症ケア。ニキビは毛穴に詰まった皮膚が炎症を起こしてできるもの。炎症性の慢性疾患なので、いかに炎症をおこさないかにフォーカスして、コスメを選び、摩擦や日差しを避けるなどを徹底したところ、30代に突入した頃ニキビを克服」

 

この抗炎症ケアがそのままエイジングケアにもなるといいます。

 

老化は慢性的にくすぶり続ける炎症が発端となって、伝達物質がつくられ、シミやシワ、たるみなどの原因に。しかも炎症は一度起こるとゼロにするのが難しいから、今も私のお手入れの基本は抗炎症ケア」

 

抗炎症が大切なことはわかりましたが、まず、どんなことから始めればいいのでしょうか?

 


エイジングケアのキーワードを理解するところから始める


 

 

まずは、キーワードを理解してみましょう。

『肌老化の発端は炎症!だから全員マストな抗炎症』

老化を進める慢性炎症は、火事に例えると、鎮火後に小さな火種が燻り続けている状態。

放出される伝達物質がメラニン生成を促してシミをつくったり、

コラーゲンを分解してたるみを起こすことに。

 

日々、紫外線を防いで摩擦を避ける、ファストフードを食べないなどインナーケアも含めて炎症を予防しましょう。

さらに今はマスクの刺激もあり、ストレスフル。

常に肌には炎症が起こっていると考え、抗炎症コスメを使うことをおすすめします。

 

カバーマーク『セルアドバンスト セラム WS』40ml 14300円

新たな細胞を生み出すサポートに加え、ダメージを受けた組織の修復を担う骨髄幹細胞に着目。

炎症を防ぎつつ、ハリとツヤを生み出します。

 

SHISEIDO『アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ』50ml 13200円

肌免疫にアプローチしてゆらぎにくい肌を育み、エイジングの進行も防ぐ。

みずみずしいつけ心地やフレッシュな香は癒し効果も。

 


 

まずは抗炎症の対策をして、さらにお悩み別でプラスのケアをしていきましょう!

キメの乱れ・小ジワ・ツヤの低下は抗乾燥、

たるみ・黄ぐすみ・ゴワつきは抗糖化、シミ・シワ・たるみ・毛穴は抗酸化。

それぞれにおすすめのコスメも紹介されています!

こちらからご覧いただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!